種類

二重まぶたになるための施術には、どのようなものがあるのでしょうか。
様々な施術をご紹介させていただきます。

二重をつくるために代表的な方法が、目頭切開法です
目頭切開法は小さい目や離れた目に効果的な方法で、くっきりとした、大きな目を実現できます。
目頭を切開して、目の横幅を広げることができるので、目元がひとまわり大きくなります。

二重のラインも横に伸びるので、より大きくてくっきりとした目を演出します。
手術時間は約30分程度と、短時間で終了しますが、抜糸のために通院する必要がある他、1週間程度は少し目元にハレが残ります。

入浴やシャワーは翌日から可能で、コンタクトレンズの使用は抜歯後から可能となります。
しかし、スポーツや顔への強いマッサージは、傷口が広がる可能性があるので、1ヶ月は控える必要があります。
メスを使った、手術とはいえ少ない負担で、大きな目を手に入れることができます。

次にご紹介するのは、二重まぶたをより広く、戻りにくくするナノカットと呼ばれる方法です。
切開手術に比べると、さらにマイルドで手軽に受けることができるプチ整形です。

1~2mm程度の切開なので、傷やハレもほとんど目立たず、通院の必要もありません。
一般的に、皮膚が厚い方や二重まぶたの広い方は、一重に戻ってしまうことがあります。
体への負担や忙しくて通院は難しいという方にとくにおすすめの方法です。

ハレは3日か程度で収まり、施術中の痛みを一瞬チクリとする程度です。
入浴やシャワーは翌日より可能で、2日後にはコンタクトレンズの着用も可能です。

しかし、傷口が完全に閉じるまでは、強くこすったりしないように注意が必要です。

これらのプチ整形を使えば確実に、まぶたの二重をはっきりとさせて、魅力的な目を手に入れることができます。
福岡にお住まいの方で目の悩みを抱えている方は、すぐに美容整形外科やクリニックでプチ整形の相談を行ってみましょう。